イニエスタが神戸にですと

まあ、以前からそんな話はでていたのでね。特段驚きもしませんけどもね。


それにしてもまあ、ずいぶんと資金が潤沢ですのね~~~~~。ポドルスキにイニエスタですものねえ。うちの息子など、この一報を聞いた瞬間、「もう楽天カードは使わない!(怒)」って怒ってましたけども。


ちっちゃな抵抗。


でもね、サッカーって個人スポーツじゃないからね。いかに有能な選手が来たとしても、その選手がチームにうまく融け合わないことには、その能力を発揮する機会もないのでね。


うちみたく、代表クラスはいないけれど、それでもチームとしてまとまっていけばこうやって結果も残していけるんだし!!!・・・・・と、ちょっと負け惜しみみたいなことを言ってみる(笑)


9月の1日か2日はドームで神戸戦があります。


先日0-4で負けたリベンジを果たさねばと思います。でもきっと、ポドルスキやイニエスタみたさの人たちで、混みそうだなあ。なにより、国内のサッカーより海外サッカーの方を好む三男が、絶対行くって言いそうだな(笑)


まあ何万人入ってもいいけども、そんなポドルスキやイニエスタを、ちんちんにするうちの選手たちに期待&願望!!(笑)

超立腹なう!

自分が担当する部に所属している学生が、記者会見をしているというのに。代理人はそばにいるとはいえ、ひとりでそこに身を置かせる状況に衝撃を感じざるを得ません。

なぜ、学生を守らない!?なぜ、監督もコーチも大学も、学生に寄り添わないのか。自分は悪くないの?部活動の事だから大学自体はノータッチなの?


彼が一人でそこで会見をせざるを得ないその行動自体が、今回の事の本質なのだと思うわ。


確かに彼の取った行動は、ともすれば相手の将来までも壊してしまうようなものだけに、許されるものではないとは思う。彼自身、監督やコーチにやれと言われたからといって、自分で判断してやめるべきだったと言うような事を言っていたけど。


だけどそれを彼に求めるのは酷だと思う。


日大というトップチームに入部してきた選手たちは、おそらく高校時代もトップにいた選手たちが主でしょう。トップ選手の意地とプライドがぶつかり合う中で、日本代表まで選ばれた彼が、試合はおろか練習にも出させてもらえない中で、焦りを感じるなと言ってもできるわけがない。


どうにかしたい・・・どうにかして監督やコーチに認められたい。そう思うのは当たり前のことで、そんな焦りの思いの中で突き付けられた”あくどいミッション”について、冷静に考えろといってもそれは難しいでしょう。今日の言葉がすべてならば、断った時点で・・やらなかった時点で、彼はアメフト部に居場所はなくなるでしょうし。


おそらく監督やコーチにとってみたら、結果だけが全てであって、そのためには手段を選ばないという、ある意味卑劣さの中に学生たちを置いていたとしたら、それは教育の場でのことではないし、そもそも指導者の資格はないのよ。


なんかね・・・私は日大の彼も被害者に思えてしまって責める気にはなれないのよ。確かにやった事はよくないことだけど、でもあんな状況に置かれた時に、きっちりと正常な判断をしろなんてとても言えないし、できなかったと思うのよ。


今回の事が今日、彼が記者会見で行ったことがすべて真実なのだとしたら、私は指導者集団を許すことはできないわ。そして学生を守れない大学も同様。


若い可能性をつぶした今回の事件。考えなくちゃいけない事がいっぱいあると思うのよ。特に、ブランディングを重視しているところの人たちはね。


きっとよく効くいい薬

まあそうであって欲しいとは思うけども、そううまくいかないのがサッカーの試合で。もちろんずっと勝ち続けたらこんなにいい事はないのだけど、負けが昨日でよかったと思う。


約2か月の中断期間に入る最後の試合の時に、あれだけこてんぱんにされて、しかもしばらく守り続けた3位の順位も5位になったし。


たくさんの課題を持たされて夏休みに入る学生みたいな(笑)


今までは確かにうまくいってた。ミシャのサッカーに選手たちがうまくフィットしてきて、”勝ち癖”というか勝ち続けることで自信が生まれて、負けないチームになった。


だけども昨日の敗戦は、”サッカーはそんな甘いもんじゃないよ!”って言われたような、そんな感じ。勝ったまま中断期間に入ったとしたら、もしかしたら”自分たちはすごく強い”と誤解(失礼!!)したままになっていたかもしれない。


うちは強くない。弱くもない。だからもう少しチームとして底上げが必要なのだと思う。技術面も精神面も、そして個々の強さももう少し必要なのだと思う。


ルヴァンでは結果を出せなかった。悔しい思いをした選手も多いだろうし。リーグ戦に出続けた選手の中でも、もっとこうできればとか思うことはあると思う。そして指導する監督やコーチ陣にはチームの新たな課題のようなものも見つかって来ただろうし、そう考えたら、このタイミングの敗戦はいい薬だと思えて来る。


この敗戦の薬は、2か月の間にきっと選手それぞれに効き方の違いはあれど、しっかりと効くはずだ。2か月後、また躍動するスキルアップしたコンサドーレを見たいと思う。きっと他のチームは、「こんさが上位にいるって?うそーん!!」と思ってたでしょう。この中断期間にきっといろいろ分析してくるはず。


正直5位なんて順位で中断期間に入るなどとは思ってなかった。最初はぎりぎりでもいいから今年も残留してね!くらいの気持ちだった(;^_^Aこうなると人間は簡単に欲を出すもので、今はワタシACLに行きたいの(笑)


マリノスや鹿島、浦和やガンバなど、代表クラスがわんさといるチームがどうも苦戦している。それに比べてうちは代表に選ばれているのは、年代別代表でトゥーロン国際大会に出場する、みよしくんとすがちゃんだけだ。


サッカーというのは、チームスポーツなのだとつくづく思う。ひとりひとりの力は小さくても、きっちりとまとまれば大きく強くなれるのだ。


もっと強くなるための薬はもらった。


強くなろう、もっともっと。

第15節 vsヴィッセル神戸

負ける時はこんなもん。


一生負けなしでいくわけもなく、いつかはこういう日が来るとはわかってたし。


“ああ惜しい”と嘆くよりも、ここまで完膚なきまでやられた方が、“強いかも・・・うちら”などと勘違いしていた自分への戒めになるかもしれぬ。


自分たちの流れのままに試合を進めていく時は、思い通りの90分を作り出していけるだろうさ。


そうじゃない時、その時にどうゲームプランを焦らずに自分たちの流れに戻せるか、そこが今うちに足りないものなのだと実感したわ。



でもさすがにに堪えますけどもね、今日の負けは。



9人じゃ、さすがにどうする事もできないわ。


負けをかみしめよう。


白波ビュー

部屋の窓から、海が一望できる某宿泊施設にまいりました。


部屋の大きな窓からは、地平線が見渡せるくらい、抱えきれないほどのオーシャンビューです。


HPを見ると、青い海が広がっていたのだけど、あいにく今日はずっと雨(泣)


オーシャンビューだけど、どちらかと言えば白波ビューです(笑)


だんだん波は高くなってきて、風と波の音がBGMです。


温泉入って、昼間からワイン片手にぼーっと。


至福の時*\(^o^)/*



ところで、こういう宿泊施設に来た時、私は帰りには簡単に片付けて帰る派なんですよね。寝具を整えたり、浴衣やタオルはひとつどころにまとめて。ゴミや使ったグラスとかも同様に。


でも、散らかしたままでいいのさって人もいますよね。それらも含めて料金だからって。


それもそうなんだけど。まあ、正解などありませんけどもね。



あー、すごい波が高い!サーフィンやれそうだな←できないけど(笑)

HOME このページの一番上へ 次のページへ