FC2ブログ

職質慣れ

先日息子が帰省してきたときに、「まーた、職質されたべ!」って言いだしまして。

警察24時とかでよく見ますわ、職務質問。そしてたいがいそういう時は、警察官の第六感というか、何か怪しげなサインを感じて、「よし、あれ行ってみっか!」って結構自信持った感じで行かれますでしょう?


よくされるんですわ、うちの息子。


あのテレビの通りに来るんですって。


「ども、こんばんは~~。」って。そして「今お帰りですか?」「うちこの辺?」「だいぶ飲んでる?」とか聞かれるんですって。


そしてやっぱり、「ちょっと防犯で回ってるんで、おにいさんちょっとバックの中とかポケットの中とか、見してもらっていい??」って。


その都度息子は「ああ、おんなじやつだ~~(笑)」って思うんですって。


全部出しますよ、もちろん。全部出しますけども、何も怪しいものはないわ。財布とたばことゴミと鍵しか出てこないもの。


息子って、本人も親もきょうだいも、兄嫁も弟嫁もカノジョも家族みんなが認める、”薬物持ってんじゃね?系風貌”なんですわ(笑)しかも自宅は俗に言う繁華街の外れの徒歩圏内なので、怪しげな風貌の男が繁華街の裏の方に入っていくっていう、いかにもなシチュエーション(笑)

当然何も出ないから、平謝りする警察官に「いつもごくろーさまですねえ。」っておりこうさんな対応をする息子。

慣れです(笑)


でもその都度母は、「うちの子を犯罪者扱いしやがって!!!知り合いが見たら、〇〇←息子が警察に職質されてた!!って噂になるべさ!!」って腹立てて、「警察に抗議の電話してやる!!」って鼻の穴を膨らまして吠えてみたりするのよ。


そうは言いつつ、「今度ビオフェルミンとか太田胃散とか、小分けして持っててみな!」とか、おちょくったりするんだけども(笑)

函館の警察のみなさーん、薬物的風貌の男が歩いてても、”あ、あいつね~~。あいつ何ともないんだわ~。”って、そろそろ顔覚えてね(笑)

桜の枝

今日の札幌は暑かった~~。長そでのカットソーで外に出たけど、それでも暑かったわ。

最高気温は23℃台だったみたいで、昼過ぎにわんこの散歩にでたけど、舌出してはあはあしてたわ(笑)北海道のわんこは暑さに弱いのかしらん(笑)


ソメイヨシノはもう散ってしまったけれど、街路樹やあちこちでは今、八重桜が満開です。八重桜は花弁の数が多いこともあって、こんもりとした花の付き方で、とってもきれい!

私はソメイヨシノよりは八重桜の方が好きかな~。見ようによってはバラのように見えますもんね。

もうしばらく楽しめそうなので、外を歩いていても楽しみです。


先月の義母の法要の時に、子供たちの名前で供花をあげたのですが、アレンジのかごの中に1本桜の枝がありまして。


参列してくれた方々にもお花をお分けした後、会場担当の方が”これは喪主様に・・”とその桜の枝をくださったんです。


ちゃんとした花瓶もない我が家ですし、中途半端なものなら逆に倒れてしまうとワインの空き瓶に水を入れて無造作に刺しておくといういかにも私らしい感じで、そのまま陽の当たるところに置いといたんです。


そしたら花が枯れて落ちた後、その枝から葉っぱが出てきまして。


今も50センチほどの枝に15枚ほど新緑鮮やかな葉っぱがついてるんです。しかも”葉っぱ予備軍”もちらほら・・・・。


さて、この枝。この先どうしたらいいかしらと思案中。まだ生きてるので当然捨てるなんて事はしませんが、うちはマンション住まいなので庭もなく。かといってどこか土のある所に勝手に刺してくるのもどうかと思うし。


わざわざこのために鉢やら土やら用意するのもねぇ。でもなんかそんなのもやってみたいと思ったりして。


鉢や花を買ってもどうしたって枯らしてしまう私なのだけど、この桜の枝はなんてがんばっているのかしらとめんこく思えてきちゃって(笑)


あ・・・しばらくお水換えてないや(笑)これだもね(笑)

重箱の隅をつつくのが好きな人

その人の存在が全てを停滞させる。

わざとなのか??と思うくらい、こちら側の提案に対して対案をぶつけてくる。


でもその対案はどうしたって実現できるものではなくて、結局はこちらの提案したものになるのだけど。結局なったのだけど。


その人の対案を解決することに忙殺されて、ほんの小さな事を決めるにも多々時間がかかってしまって。


今日ようやくある案を決定することにこぎつけたのだけども、1か月もかかってしまった。


そんな時間がかかる話ではないのよ。難しい話でもないのよ。


電話一本で用が足りたし。


でもいちいちめんどくさい事言ってくるから、どんどん話が複雑になってしまって。でも結局は「まあ毎年と同じでいいわ。」ってなって。じゃあ最初からそう言ってくれよって思う。その対案やら口出しも、およそ非現実的な事ばかり。


いい方向に向かう提案とか、なるほど!と感嘆させてくれるような話はひとつもなく。


今回の件を担当してた私ら担当者の最近の口癖は、「いちいちめんどくせー。」


やさぐれました。


その人と接することでストレスたまって少し痩せるかしらと思ったら、ヤケ食いヤケ酒で太る一方よ。


そのうち重箱の隅も穴開くぞ!(怒)

KKさん

話題に事欠きませんねぇ・・・。

この方の話題が報じられるたびに、この神経の図太さといいますか、よく言えば心の強さと言いますか。それはどこから来るんだろうって思うんですよね。

それだけ愛が深いと言ってしまえばそれまでだけど、どうも私には理解しがたいところがございます。

突如の感じがどうしたって否めないアメリカ留学ですけども、なんでしょうか「弁護士にはなるとは限らない」とおっしゃったとかなんとかって。


「したら、なしてアメリカに行ったのさ!」って思わず口をついて出たわ(笑)


真偽のほどはわかりません・・・直接聞いたわけではないので。報じられていることしかわかりません。


正直、この人は何をしたいんだろう??って思いますね。弁護士になるとは限らないというのは起業するかもしれないという思いもあってのことらしい・・あくまでも”らしい”が付くことなのだけども、そんな状態で結婚を考えるとか、まるで不安定すぎて到底娘を持つ親としては嫁には出せないと思うんだけど・・。


私は娘がいないけども、”今アメリカの大学に留学中で、一応弁護士になるための勉強はしてるんだけども、でもならないかもしれないし・・。将来何になるか何をするか今模索中なんですよね~。でも結婚したいんですぅ”なんていう男が来たとしたら、間違いなく「定職についてからこい!!」って追い返すわ。


おじょうさまはこの期に及んでまだ夢見る夢子さんでいらっしゃるのかしら。


周りの大人のいう事を聞いておいた方がいいと思うのだけどね。


夢を追うことはいいことだと思うし、それを追求するのは悪いことではないけども。


あなたの置かれている現実と夢を見ることとは、相当乖離してるわよって教えてあげたいんだけど(笑)

キス時々ごはん

昨日は母の日だということで、外で子供夫婦とごはん。

イタリアンメインで、他にも居酒屋的なおつまみのあるお店で、ワインの種類も豊富でとってもおいしいお店で大満足。

だけど、そこで繰り広げられていた光景は、なんとも息子たちいわく「超きめーし!」っていうものだったのよ。確かにキモかった。ほんっとにキモかったんだけど。


そこのお店はオープンな作りで個室や区切られたスペースになってないので、他のお客さんが全て見える構造。昨日は日曜の夜だったこともあってさほど混んでいなく、私らの他に女子会的グループと中年カップルの3組だけ。


その中年カップルなんですけどもね。日本人カップルですよ、漏れ聞こえてくる会話は日本語でしたから。あれ?外国人でも日本語しゃべれる人もいるよなあ。でも見た感じは日本人っぽい感じの2人なんだけども。いや、日本人だろうなあ。


まーなんつーんでしょうか。食事中、頻繁にそのオープンなスペースでキス・キス・キスなんですわ(呆)


”食事の合間にキスする”って感じじゃなくて、まるで真逆の”キスの合間に食事”っていうくらい頻繁。


どうしたって目に入る光景なのだけど、もう私らもそのうち目が点になるくらい、キスの嵐なのよ。


先にも書きましたけども、そこはイタリアンの料理がメインなお店なのでピザやらパスタやらお肉やら・・っていうところなのだけど、イタリアン食べた口でキスって、なんか脂っこくないですか?(笑)なんかそんなのもイタリア人がすればかっこいいんだけども、どうしたってイタリア人に見えない2人だけにねぇ。


なんかもうげんなりよ。


そんなにキスしたいなら家にお弁当でも買って行って、それ食べながらやればいいのに。わざわざこんな公衆の面前でしなくてもさ。


なんかすごい光景を見ながら食べた食事は、それはそれでおいしかったけども(笑)なんだかねえ。


プロフィール

まりん

Author:まりん
まりんです
 コンサドーレ大好き!サッカー大好き!!しあわせさがしが大好き!毎日楽しいブログになればいいなと思いながら書いてます。

 リンクはフリーです。リンクしていただいた時は、お知らせいただければありがたいです。


 なお内容が不適切と判断いたしましたコメント及びトラックバックにつきましては、こちらの判断で削除させていただく事がございますので、ご了承ください。

FC2カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログ コンサドーレ札幌へ
にほんブログ村
最新コメント
最新記事
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
月別アーカイブ