2010-06-30 (Wed)
すごい試合だった・・・。途中、呼吸をするのを忘れていたり、瞬きをするのを忘れていたり、でも何度も何度も時間を確認することは忘れなかったり、そんな120分だった。120分もの間、走り続けて守り続けて攻め続けて、集中力を保ち続けるという事はどれだけ大変なことなのだろう。しかもあのブブゼラの音が響く中で、声を出し続けて頭で考え続けて、神経をとぎすませてピッチに立ち続ける強さといったら。

それでもサッカーの神様はなんという試練を与えるのだろうか・・・。

サッカーの試合でPKになることほど見ていて辛いことはない。駒野選手の涙は見ているこちらも辛かった。あなたのせいじゃないよ!と。ゴールをなかなかこじ開けることができなかった事、ほんのちょっとのタイミングでつながらなかったボール、逆にパラグアイにも割らせなかったゴール、そして無情にもすぎてしまう120分。でも全部含めて、それがサッカーなのだから。試合後に涙を流していた選手たちは、胸を張って前を向いて帰ってきてほしいと思う。そして、しばしの休息をして、またそれぞれのステージで躍動する姿を見せてください。

感動と歓喜と一体感をありがとうございました。

| サッカー日本代表 | COM(0) | | TB(0) | |