FC2ブログ

”しゃべる”という事の大事さ

子どものサッカーを見に行ったりすると、”もっとしゃべるべ!”とか”しゃべれ!しゃべれ!”とお互いに声を掛け合ったりしているのを耳にします。もちろん、試合中に雑談をするわけではなくて、声を掛け合おうという事なのだけど。前後半必死に走り続けて、おそらく最後の方は声を出すどころか、集中も切れかけて周りも良く見えなくなってきてるのではと思われる中、声を出せ!しゃべれ!というのはいかに過酷なことか。しかも自分勝手になんでも発すればいいというわけではなく、コーチングというか味方を誘導し鼓舞するという部分では、全体を見回しての声だしが要求されるわけで、それはもうサッカーをしてなくても”あれ”だの”それ”だので話を済ませようとしている私から見れば、まさに神業!

先日の天皇杯の時に、帰り道後ろを歩いていた子たちが、最後の失点の件について「(ミツクンに当たっていたことを)誰か教えてあげればよかったのにね。」「きこえなかったんだべかね?」と話していたのを聞いて、なるほどなあと思いまして。知ってるだろうとかわかるだろうとか聞こえただろうといったこちら側の思い込みとか、当たってないだろうという向こう側の思い込み。あの中でしゃべってわかりあってというのは、予想以上に大変なのだろう。だけど、あえてそこは最後に誰かが”しゃべるべ!”と”しゃべれ!”と声を出してもらいたいと。誰かの声でもう一度パワーが湧いてきたり、思いがけない力が出たりするんじゃないかと思うんだよなあ。

”男は黙って○○○○ビール”というCMが昔あって、背中で何かを語る男はかっこよかったりするけれど、サッカー選手はピッチ上ではおしゃべり男になってください(笑)
プロフィール

まりん

Author:まりん
まりんです
 コンサドーレ大好き!サッカー大好き!!しあわせさがしが大好き!毎日楽しいブログになればいいなと思いながら書いてます。

 リンクはフリーです。リンクしていただいた時は、お知らせいただければありがたいです。


 なお内容が不適切と判断いたしましたコメント及びトラックバックにつきましては、こちらの判断で削除させていただく事がございますので、ご了承ください。

FC2カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログ コンサドーレ札幌へ
にほんブログ村
最新コメント
最新記事
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
月別アーカイブ