2011-03-07 (Mon)
昨日は10時前というとんでもない時間に早寝をして、しかもいつもと同じ時間にめざましの力で起きるという、「その年でどんだけ寝るんだ?」とおっとに言わしめた私。春眠暁を覚えずで、眠たいものはしょうがない。


そんな朝にテレビをつけたら、ちょうどインテルの長友が初得点を挙げたシーンが映し出されていた。いやーもうすっごいわ。途中出場してきてわずか6分後に仕事をして、スタジアム全体を包むナガトモコール。まさにとりはだもの。


でも私がすごいと思ったのは得点を挙げた事より、その前に大男のような相手チームの選手達に囲まれて、まるで真上から押さえつけられてるのではないかと思うようなディフェンスをされても、まったく揺らぐ事も倒れる事もなくひたすらゴールだけを見続けるその姿勢!絶対倒れないという気持ちもすごい伝わってきたし、どんな事があっても倒れないだろうという感覚がこちらにも伝わってくるプレー。並の体力、気力の持ち主じゃないんだな。



コンサの選手達はあの姿を見てどう思ったかな。
| つぶやき | COM(0) | | TB(0) | |