選ばれる学校になるために

毎日のように、スポーツ強豪校の体罰のニュースが報じられています。柔道の女子日本代表にまでもそういう事が起こってると知り、暗澹たる思いでいます。


うちの子ども達、長男と三男は市立の高校で、二男は私立の高校でした。二男が入学して初めての懇談会の時の先生の言葉にすごく驚かされたことがあります。



学校名がわかるのを避けるためにはっきりとは書きませんが、仮に「A」を国公立大学・有名私大進学を目指すコース、「B」を普通コースとします。その時に先生が言った事は「Aのコースの子はとにかくセンター試験を受けて国公立をめざしてください。○○高校(ライバル校と言われる私立)よりもたくさんの人数の国公立合格をめざします。Bコースの子は、とにかく部活動でがんばってもらってひとつでも多く全道・全国を目指してもらいます。」


少子化のこの時代ですから、学校も選ばれる事に必死なんですね。そのためには大学の合格者数でもスポーツ系でも文化系でも部活で結果を残して、高い授業料を払ってでも”選ばれなくてはいけない”と。


先生方もきっとプレッシャーの中にいると思うんです。結果を求められる、常に勝つことを求められる。それはわかります。特に私立は「会社」のようなものですから、生徒が集まって経営が成り立つわけで、特色がなければ選ばれない、選ばれなければ学校の存続にかかわるので、どんどん負のスパイラルに入り込んで行く。だからきっと昨今報道されているスポーツ強豪校では、結果を出す事に必死だったのでしょう。



だけど・・・・だけど、それと体罰は別です。



以前にも書きましたが、体罰をしてうまくなるんだったら、今頃うちの子どもたちはサッカー日本代表です。



「心技体」という言葉があります。心も技も体も、この全てが均等に育ってこそ、すばらしい選手が産まれると思うし、結果にも表れると思っています。そしてそれはその学校を離れた後も、巣立って一人の大人として社会に出た後も、その指導は生きてくると思っています。そしてそういう指導ができる指導者こそ尊敬に値し賞賛されるべきすばらしい先生なのであって、そういう指導ができる人の元には自然と生徒は集まってくる。そしてその学校は自然と選ばれて行く学校になっていくのだと思います。



体罰を伴く指導からは、恐怖と萎縮を伴い自ら考えるという行動が停止するという事を忘れてはいけないと思います。



勝つという事、結果を残すという事はもちろん大事。でも勝つ事よりももっと大事な事が絶対にあると私は思います。



HOME このページの一番上へ 次のページへ