FC2ブログ

消えた命の重さ

大阪の高校で、部活動の顧問からの体罰を苦にして、バスケ部の主将だった高校生が自殺してしまった。


なんて悲しい事なのでしょう・・・。なんてひどい事なのでしょう・・・。


殴ればプレーは上達するのかしら?蹴れば勝てるのかしら?体罰を与えたら主将はもっと主将らしくなるのかしら?


そんな訳ないわよ。


自分だけが殴られると・・・主将の責任を背負ってずっと我慢してきた彼の心中を思うと、心が痛くて泣けてくる。


私もずっと中学から短大を卒業するまで、バレー部に所属していて主将という責務も負ってきたけれど、その立場ゆえ誰よりも怒られたし、誰よりも厳しく指導されたけれど、殴られる事はなかったわ。それにどの顧問の先生方も、その時の指導や叱責に対して必ず後でフォローしてくれたので、辛いと思う事も悲しいと思う事もなく、ずっと続けてこれた。


きっと彼の将来もそうなるはずだったのに。


誰のための部活動だったのだろう。顧問の地位や名声のため??そう思えてならない。子ども達のため・・本来の部活動の意味を顧問がしっかり感じとっていたのなら、こんな事は起きなかったはず。報道などでは「すごくいい先生」という声も聞こえてくる。だとしたらその熱意や愛情をもっと違う形で表現できたのではないかと思う。


部活動の中において、顧問の立場は絶対だから・・・だからこそ、もっと心に寄り添った指導をしてもらいたいと思う。


彼の死を無駄にしないためにも。
プロフィール

まりん

Author:まりん
まりんです
 コンサドーレ大好き!サッカー大好き!!しあわせさがしが大好き!毎日楽しいブログになればいいなと思いながら書いてます。

 リンクはフリーです。リンクしていただいた時は、お知らせいただければありがたいです。


 なお内容が不適切と判断いたしましたコメント及びトラックバックにつきましては、こちらの判断で削除させていただく事がございますので、ご了承ください。

FC2カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログ コンサドーレ札幌へ
にほんブログ村
最新コメント
最新記事
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
月別アーカイブ