FC2ブログ

いい人になれない

友人の両親は、認知症を抱えていて、2人とも介護施設に入居しています。もらえる年金だけではやっていけなくて、彼女が自分の収入から足りない分を出しています。おかあさまは足がむくんでしまうので、毎日通って足をマッサージしています。そしておとうさまは物を隠してしまうので、毎日それを探して所定の位置に置き直して・・。それが日課です。


今日、おしゃべりをしていた時にふと…彼女が「介護の仕事をしてる友だちに、この話をしても全然わかってもらえない。」と嘆きました。「認知症の、おじいちゃんおばあちゃんはかわいいじゃない!?」って言われると。


「施設に預かってもらってるのに、こんな事いうのどうかと思うけど、つらくてたまらない。」と。いつも心のどこかに重いものがあると言います。


彼女は自分の両親、私はおっとの母親。お互いに認知症の親族を抱えています。同居はしておらず施設にお願いしてるという境遇は一緒です。それでも心は重くなるのです。会いに行っても、会話が成り立たずコミュニケーションが取れない現状。会いに行ってもわかっているのかどうなのか・・・。それでも”行かなくてはいけない”という現実。常に心のどこかにそれはあります。


私は「面会に行くのはアリバイ作りかもしれない・・・」と友人に言いました。本当に会いたくて行くのではないかもしれない。きっとそっちの気持ちの方が大きいかもしれない。だけど、施設やおっとへの手前、そろそろ行かなきゃいけない時期だなって思って行ってるのかもしれない・・・と。


友人は、その気持ちは自分も同じだと言いました。


行けば、その帰り道また来ようって思うのだけど・・・会話が成り立たなくても、また来ようって思うのだけど・・・・。


親が老いて弱っていって、それを看るのは子どもとして当たり前の事で、ましてや同居してない中でなにを言ってるんだか・・・とおしかりを受けそうな事なのだけど、でも認知症の人と相対すると言うのは本当に心が重くつらくなる時間。この時間を自分の中でどう消化して処理するのか・・・重い課題です。


「私達、いい人にはなれないよね・・・」って、お互いに少しだけ笑って、この話を終えました。






プロフィール

まりん

Author:まりん
まりんです
 コンサドーレ大好き!サッカー大好き!!しあわせさがしが大好き!毎日楽しいブログになればいいなと思いながら書いてます。

 リンクはフリーです。リンクしていただいた時は、お知らせいただければありがたいです。


 なお内容が不適切と判断いたしましたコメント及びトラックバックにつきましては、こちらの判断で削除させていただく事がございますので、ご了承ください。

FC2カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログ コンサドーレ札幌へ
にほんブログ村
最新コメント
最新記事
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
月別アーカイブ