FC2ブログ

Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

義母の終戦記念日 

終戦の翌日。義母の心中は安堵だったのか、悔しさだったのか、悲しみだったのか、それとも・・・・。


義母は戦争で家族を全て失い、孤児になり、引き揚げてきた。13歳で一人っきりで、フィリピンから札幌に帰ってきました。


今、いろいろなものを忘れてしまっている義母ですが、不思議と生まれ育ち、嬉しい楽しい思い出と暗く悲しい思い出が、たくさんのマニラでの事ばかり話します。「マニラに行って来た。」「おとうさんがいた。」「マニラに行ってこないと!」



義母の中にそれだけ強烈な思いとして残る記憶。




せめて、今残る記憶が、義母にとって楽しくしあわせな時のものである事を祈りたいです。




そして、戦争は二度と起こしてはいけないと、義母のこれまでの人生を見るにつけ、強く強く思います。


カテゴリ: つぶやき

Trackback: --   Comment: 2