FC2ブログ

耳を傾けて

今日、知り合いにばったり会った。会うなり「お礼を言いたかったの!!!」って言われたのだけど、はてなんのことか・・・.全く思い当たることがない。


「この間話を聞いてもらって、すっごく心が楽になって前向きになれたの!」と。


ああ、あの時のことかと思いだす。


スーパーで買い物をしていた時に、いつもは快活なその人は、珍しく疲れた顔をしてて。声をかけてみたら、堰を切ったように話し始めた事は、私も経験してきた事だけに、しばらく足を止める事をためらいなく思う内容だった。



お母様が認知症になられて、今言った事も忘れ、突然怒り出し、物を盗られた盗ったと騒ぎ、かと思えば急に穏やかになると。どうしても説得しようと、わかってもらおうとするあまり、言葉がきつくなり、そして悲しくなり、お母様のところに行くのがつらいのだと言っていた。



同じ道を通ってきた。その気持ちが痛いくらいによくわかる。心を伝えたいと思うから、伝わらない現在を憂う。



「本気で会話しない方がいいと思うよ。」私は彼女にいいました。「だって、しょうがないんだもん。」


義母の認知症の始まりもそうだった。何かに怒り、何かに嘆き、何かにおびえ、何かに笑う。義母だけに見える事感じられる事だらけだったから。



彼女は、私の発したおそらく予想外の言葉に、きょとんとした表情を見せた。



「おかあさんの言ってる事は、実際そう思うんだからしょうがないよ。違うって言っても、おかあさんには違うって言うこっちが違うんだから。”そっかそっかそーなんだ”って言ってあげればいいよ。受け入れて聞いてもらえたって思うだけで安定すると思うよ。どうせ、その事だってすぐ忘れるんだし。」



んまー、なんて言い方だったのかしらと、今思い出してもあまりのざっくりとしたその言い草に、穴があったら入りたい思いだけども、彼女はそれでお母様に対する思いが変わったのだと言ってくれた。



「聞いてくれてうれしかった!」



ともすれば孤独になりがちな介護、そして理解をし合う事が難しい認知症。私の経験が少しでも役に立ってよかった。



私の気持ちも前向きになる夕暮れだった。
プロフィール

まりん

Author:まりん
まりんです
 コンサドーレ大好き!サッカー大好き!!しあわせさがしが大好き!毎日楽しいブログになればいいなと思いながら書いてます。

 リンクはフリーです。リンクしていただいた時は、お知らせいただければありがたいです。


 なお内容が不適切と判断いたしましたコメント及びトラックバックにつきましては、こちらの判断で削除させていただく事がございますので、ご了承ください。

FC2カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログ コンサドーレ札幌へ
にほんブログ村
最新コメント
最新記事
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
月別アーカイブ