FC2ブログ

夕刻迫る病院での出来事

札幌はもう3時半を過ぎると薄暗くなって、4時ともなると真っ暗と言ってもいいくらいなので、昨日夕刻受診した病院も待合室は人もまばらで静か。

まだ、冬特有の病気も流行り始める前だしね。

そんな静かな病院で、診察を終えて受付や会計のあるコーナーに行くと何やら騒々しい。


作業着姿の初老の男性と、おそらく上司らしい男性と2人。男性がなにやら怒鳴ってる。

「はやくしろや!」「おせえんだって!!」「まだか!?」「いいかげんにしろや、このぉ!」「いてえんだって、こっちは!」


見ると右手にタオルをぐるぐる巻きにして左手でしっかり押さえてる。おそらくケガをしてここに来たのでしょう。受付の職員さんはあちこち手分けしてお電話してる。その間も男性は怒鳴り続けます。とにかく傷の手当てをしろと言います。

待合室にいた何人かも、小声でひそひそ・・・・。「いやー、事務の人がた、かわいそうにね。」「そんなこと言ったってねえ・・」なにやら待合室も妙な空気になって行きます。


そうなんです。ケガの手当てをしろって言われても・・・・・。


内科なんですよね、そこ(--〆)


結局、そこでは対処できないということで、結局は救急車を呼んで外科に行くことになったみたいなのだけど、救急車を要請してる事務員さんに「おせえって!」「早く呼べや!」ってまた怒鳴る。


ケガをされてあわてて飛び込んでこられて、気が立ってるのはわかるけど。


いくら病院とはいえ、内科では外科の処置は難しいでしょう。



心の底で、「だったら、ここに来ないでケガした場所で救急車呼べばよかったじゃん。」と私の中のリトル悪魔がつぶやきます。隣の上司にも「黙ってないで、なだめるとかなんとかしろや!」って、同じくリトル悪魔が。



「いろんな患者さん来るから、いちいち気にしてたら身が持たない(笑)」って、病院勤務の長男と二男はよく言ってます。「ああ、こういう事なんだなあ。」って夕刻迫る病院での出来事に、子どもたちの仕事にも思いを馳せた出来事でもありました。


プロフィール

まりん

Author:まりん
まりんです
 コンサドーレ大好き!サッカー大好き!!しあわせさがしが大好き!毎日楽しいブログになればいいなと思いながら書いてます。

 リンクはフリーです。リンクしていただいた時は、お知らせいただければありがたいです。


 なお内容が不適切と判断いたしましたコメント及びトラックバックにつきましては、こちらの判断で削除させていただく事がございますので、ご了承ください。

FC2カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログ コンサドーレ札幌へ
にほんブログ村
最新コメント
最新記事
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
月別アーカイブ