2017-04-11 (Tue)
今日は父の四十九日でした。

先週の土曜日に、法要と納骨を済ませてはいるのだけど、あれからもうそんなに時間が経ったんだなあ・・・って、”もう”なのか”やっと”なのかも私の中では実感として得られてはいないけど。


四十九日って、ただ初七日から始まって7回目の日ではないのよね・・・。


ここに来て思う事は、父が亡くなってあれやこれや片づけなければならない事や、様々な手続きや、用意しなければならないものとか、そんな事をひとつひとつやっていって、ようやく全てが片付いたのが昨日。


その間に私たちは少しずつ気持ちを収めていって。ちょうど四十九日を要したことになる。四十九日って言うのはそういう期間でもあるんだなあって思ったりね。


全てが終わった今、私は父に問いかける。


「ちゃんとやれたよ。全部無事終わったよ。これでよかったかい?」


義母の事があるから、法要も納骨も行けなかったけど、きっと父はこう言うだろう。


「おう、これでいいど。いろいろすまねがったな。」



落ち着いたらおまいりに行こう。



今までは私が実家に帰ると父はソファーの定位置に座って私の顔を見ると、必ず「おう!」って一言。私も、「おう!」って返す。


それだけでよかった。


今度は仏壇に向かって、「おう!」って言おう。


今までと同じさ。


だって親子だもの。


| つぶやき | COM(0) | | TB(-) |