FC2ブログ
永遠のテーマ
2018年11月16日 (金) | 編集 |
わんこの散歩に出たのは、ちょうど小学校の下校時間。

朝、学校に行っておべんきょして、給食食べてまたおべんきょしてきたというのに、子供たちは元気だ。

走るし笑うし。”疲れるって何??”っていう時代かもね。オバサンは午前中の会議だけでもう疲労困憊だというのに。

子供たちが元気なのはよきこと(^_-)-☆


私たちの前を歩く男子3人組。何やら深刻そうに話していることは、聞き耳を立ててたわけではないのだけど、自然と耳に入ってきた。


どうやら、同じクラスの女子たちに良かれと思って言ったことが、どうもそう受け取られなかったらしい。


「だけどおれらだってさ~・・・」「でもさー、そうはいったってさー・・・・」「なんかそういうとこなんだよなー・・・」と、男子の悩みは尽きないようだ。


そんな会話がしばし続いた後で、真ん中にいた男子が、ぼそっとつぶやいた。


「女心って、よくわかんねーな。」


オバサン、ぶふっと吹き出しそうになったわ(笑)笑っちゃ悪いと思って、思わず街路樹の残っている葉っぱを見上げちゃったよ(笑)



初冬の帰り道、男子たちは大人びた一言を発した真ん中の子のおかげで、女子のあれこれにはあっという間に終止符を打ち、話題は今日の夜のサッカーの試合にシフトチェンジしていたけども。


オバサンは君たちに言いたい!!

「女心は、そんな簡単に理解できるものではないのよ。オバサンはいまだかつて、女心を完璧に理解できた男性に会ったことはないし。きっとそれは君らにとって一生のテーマだと思うよ。」


「おんなごころってなんですか?たべたらおいしいですか?おやつですか??」


一応男子のわんこが、不思議そうな顔でこっちを見てましたけどもね(笑)






copyright © ちょっとひとやすみ all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg