FC2ブログ

ちょっとひとやすみ

Top Page › つぶやき › 依然継続中
2017-02-08 (Wed) 19:10

依然継続中

義母が胃ろうの増設手術をしてから、もう2週間以上たちました。


翌日の吐血や、そこからの輸血など、あずましくない日が続いていました。ドクターの話を聞く機会があって、出血の原因などを聞きまして、1週間くらいで落ち着くと思う・・というお話しだったのだけど。


先日行ったところ、見慣れない点滴が下がってました。「赤十字アルブミン25%」って書かれてて。


ホントの血液が入った、いわゆる「輸血」が終わった後は、およめちゃんにおしえてもらったのだけど「FFP」という凝固因子の補給の輸血をしてました。それも何日かで終わったので、もう輸血系の点滴は終わったのかなって思ってたのだけど。


その「赤十字アルブミン25%」っていうのも、血漿分画製剤というものらしく、輸血の一種なのだとか。


もう2週間以上たつのに・・・。


胃ろうにしたら、鼻からの管も抜けるから楽になるって言われて臨んだものだったのに。なんかいまだに鼻からチューブが入ってて、酸素吸入もしてるし。それにベットの横には、栄養系のものなのかな?大きな点滴の袋に、生理食塩水の袋がいくつもかかってて、それに加えて輸血系のものもあって、すごい数になってる。


本人は顔色もよく、大きな声を出したりしてるので、具合が悪いわけではないとは思うのだけど、でも見てる方はなんだかねえ・・・。


今週末、おっとに言ってもらって、その時の状況によっては、来週またドクターに時間を作っていただいて、話をして来てもらおうと思ってます。


なんかこんなに落ち着かない日が続くんだったら、胃ろう造設なんてしなきゃよかったって思う昨今。

最終更新日 : 2017-02-08

Comment







非公開コメント