FC2ブログ

ちょっとひとやすみ

Top Page › つぶやき › あれから25年
2020-01-17 (Fri) 18:23

あれから25年

当時はスマホの速報などなかったので、朝起きてテレビをつけた瞬間に飛び込んできた映像は、にわかに現実のもとは結びつかないもので。

橋脚が倒れている様を、上空からのヘリコプターが映し出しているものだったのだけど、大きな地震が起きてこうなっているということを理解するまでに、かなり時間を要したことは今も記憶に残っています。


阪神淡路大震災では、多くの方が亡くなられましたが、この震災では街が燃えていくという衝撃的な光景が続き、都市で起きる大きな地震のリスクはこういうものなのだと思い知らされました。


2016年。神戸を訪れる機会がありました。


港のあたりを散策したのだけど、冬の日だったけれどその日はとても暖かくて、海もしずかで、大きな客船が停泊していて。何より街がとても洗練されて美しかったことを今でも覚えています。


まるで震災などなかったかのよう。



地震は来ます。


大きな地震は、日本列島にいたらどこにいてもその危険性のもとにあるといえます。


そして今まで各地で起きた”震災”と名がつく地震では多くの方が犠牲になりました。


その犠牲から学び取るべきものは何なのか。そして自分の命を守るには、命をつないでいくために何が必要なのか。


それぞれが考えていかなくてはなりません。


25年間をむだにしないように。

最終更新日 : 2020-01-17

Comment







非公開コメント